梅雨=アレの季節

もうすぐイヤ~な梅雨の時期がやってきますね。梅雨と言えば、切っても切れないのがカビの繁殖。そんなわけで、今日はカビ対策についてお話ししようと思います。

カビが生える場所と言って思い浮かぶのはお風呂場、洗面所、トイレ、キッチンなどの水まわりだと思います。カビを見つけたとき、みなさんはどうやって対処していますか?
「こすって取れるから水や中性洗剤を使うけど……」
Nooooo!!(笑) それ、絶対やっちゃダメなやつです。それはなぜか?水や中性洗剤をかけてこすると、カビの胞子が飛び散ってカビを増殖させてしまうから。考えただけでも恐ろしいですね。なので、シンクやお風呂場などは専用のカビ取り剤を使いましょう。
またトイレ(便器)の場合、


黒カビにはアルカリ性の洗剤(左からスクラビングバブル、ドメスト、トイレハイター)を使います。水垢や尿石などには、

サンポールなどの酸性洗剤が有効です。

ではカビ以外の汚れもキレイにして、カビ取り剤でカビを除去したあとは、それを長持ちさせるためのポイントを実践。

・湿度と温度を下げる:風通しを良くする、水分の出るものを置かない、クーラーや空気清浄器を使う

要は、涼しく・カラカラにしておくってことですね。クーラーを使うと電気代の心配もありますので、扇風機やサーキュレーターなどを併用させるのがいいかも。

まとめると、

①カビ掃除には専用のカビ取り剤を使う。
②湿度と温度をさげて、カビの発生しにくい状態にする。

ってことですね。ただ、それでも気になるという人は、防カビ剤を使うのもありです。

 

ところで、お風呂場でよく見かけるピンク色の汚れ。
実は私もあの汚れはカビだと思ってたんですが、実はカビではなく「メチロバクテリウム」という細菌なんですって!だから、カビ取り剤では取れないんだとか……。じゃあ何をどうすればいいのか。これも、専用の中性洗剤が市販で売られていますので、それでお掃除すればOK。
例えば

コレ。見えにくいと思いますが、下の方に「ピンク汚れ」って見えますね。こういう洗剤を使うといいそうです。
我が家もそろそろ、カビ掃除しないとなぁ……。頑張ろう(笑)。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください