介護保険が使えるリフォーム

フッターメニューの「リフォーム基礎知識」にも少し書いてありますが、ここでは介護保険が使えるリフォームについてお話します。

介護保険

高齢者介護に対する公的保険制度で、「要支援」または「要介護1~5」と認定された人が住む住宅のバリアフリー化のリフォームが対象となります。該当するリフォームを行った場合、リフォーム費用の20万円までについて、その9割(最大18万円)が補助される制度です。

トイレの場合だと、段差をなくす・洋式便座に取り替える・手すりをつける……などですね。この保険のポイントは、

  1. ①受給ができるのは要支援1~2、要介護1~5のいずれかに認定されている介護保険の被保険者で、原則1人1回までしか使えない
  2. ②一度に20万円を使い切らなかった場合、残金は再度住宅改修をする際に利用できる(数回に分けて使用できる)
  3. ③20万円を使い切った後でも、転居したり要介護度が3度以上あがった場合、再度20万円までの支給を受けることができる

というところです。
すでに介護生活されてる方はもちろん、まだ介護の必要がないという方でも、将来を見据えて予めやっておくといいかも知れませんね。転ばぬ先の杖、というやつです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください